ボノロンって?

ボノロンって?

ボノロンは、
巨木の森タスムンに住む森の戦士。

ボノロンは、巨木の森タスムンに住む森の戦士。
オレンジ色でとても大きなボノロンは、
正義感が強く、とても頼りになる9才の男の子です。
悲しんでいる人が巨木に涙を落とすと、根をつたってタスムンの森に届きます。
巨木から涙のわけを聞いたボノロンは、地上にあらわれます。
そして魔法は使わずに、困っている人の背中をそっと押してあげる…
心優しいボノロンは寄り添うように、願いをかなえてくれるのです。

ボノロンは
どこで読めるの?

  • フリーマガジン『ポラメル』

    フリーマガジン
    『ポラメル』

    偶数月15日に全国のセブン-イレブン、デニーズ、アカチャンホンポ等で数量限定無料配布しています。コンセプトは「親と子を結ぶコミュニケーションマガジン」。

    くわしく見る
  • ハードカバー絵本シリーズ

    ハードカバー
    絵本シリーズ

    ポラメルのバックナンバーをハードカバーに仕立て直して発売しています。書店・セブンネットショッピング・各電子書籍書店にて、1〜19巻発売中。

    くわしく見る
  • ウェブえほん

    ウェブえほん

    ポラメル最新号と、過去3号分のバックナンバーが声優さんの音声つきでお楽しみいただけます。

    ウェブえほんを読む

作者紹介

  • 原哲夫 先⽣

    プロデュース

    原哲夫 先⽣

    漫画家。代表作は『北斗の拳』『花の慶次 -雲のかなたに-』『蒼天の拳』など。『森の戦士ボノロン』の産みの親。

    <100号メッセージ>
    みなさまのご愛読のおかげ様で100号まで続けられることができまして、誠にありがとうございます。
    今は読者の皆さまと唯一つながりを持てる絵画コンクールが毎年の楽しみとなっております♪
    3才から12才位までのお子さまの才能豊かな絵画には、審査員一同感嘆するばかりで、いつもこの中から一枚選ぶというのは困惑するばかりです☆
    まだこれから無限の可能性のある子供たちにはただただ夢を持って空想の世界を泳いで浮遊を楽しんで貰えたら…きっと才能開花する子たちが生まれて日本に、そして世界に羽ばたけるはずです。
    そう想うとワクワクしてきます☆ 私自身も元気を貰えまた絵を描きたくなります☆ ボノロンを通して素敵な親子関係が培われたらうれしいです。

  • 北原星望 先⽣

    北原星望 先⽣

    原作家。代表作は漫画『いくさの子 ‐織田三郎信長伝‐』など。原哲夫先生とともに、ボノロンを立ち上げる。

    <100号メッセージ>
    100号まで続けられたことに感無量です。これもひとえに読者の皆様のおかげであり、関係各位様のご理解の賜物と感謝しております。
    創刊の頃に読み聞かせに耳を傾けていた幼い子は、もう大人です。もしかすると、その子が親になっているかも知れません。そんな世代を越えた絵物語を執筆できたことはこの上のない喜びです。この絵物語が親子の心温まる会話の一助になりましたでしょうか。ただ、そればかりを思い執筆しております。

  • ヒカリン 先⽣

    作画

    ヒカリン 先⽣

    東京造形大学卒業後ゲームグラフィックデザイナーとして開発に携わる。2008年フリーに転身し、幼児教材、書籍、絵本などのイラストレーターとして活動。代表作は『ブースカのふゆじたく』、しまじろう絵本、『ふぁむばむ』等。

    新しくボノロンを作画していくことになりました、イラストレーターのヒカリンです。長年愛されてきたボノロンですので、引き継ぐことにドキドキしています。原先生からワクワクするアイデアをたくさん頂いて、小さいお子さまから大人の方まで楽しめるよう、このドキドキを形にしていきたいと思います。

ボノロンを
応援している企業

  • セブン銀行

    読み聞かせを広めるためにポラメルに協賛しています。
    絵画コンクールや写真の募集など親子でポラメルを楽しく読んで遊べるように編集部といっしょに取りくんでいます。
    大きな絵本を読むおはなし会も開催しています。